効果的なりんご4971の食べ方とその効能について

りんごは昔から体にいいと言われていますよね。りんごに含まれている成分には、さまざまな病気の予防に効果があるんです。どんな成分が含まれているかと言うと、一つ目は、「食物繊維」です。とても豊富に含まれており整腸作用があります。特に皮の部分にタンニンとペクチンが多く含まれている為、腸の粘膜を守ってくれるんです。便秘の時は、積極的に食べると良い結果をもたらしてくれそうですね。二つ目は、「ポリフェノール」が多く含まれています。抗酸化作用があるため活性酸素を抑え、老化防止に効果があります。三つ目は、「りんご酸」「クエン酸」です。これは、疲労回復に効果があり、さらに肌荒れを防ぐという、嬉しい効果も期待できます。これらの成分を効果的に取り入れる為のお勧めのりんごの食べ方を紹介します。先程お話ししたように、りんごの良い成分は、皮の部分に多く含まれています。という事はやはり皮ごと食べるのが一番良いのです。ダイナミックに丸かじりすれば、包丁もまな板も要らないので洗い物も出なくてらくちんです。でも、人前で丸かじりするのも恥ずかしいので、やはり4~8等分に切ったりんごをつまようじで刺して食べるのが上品ですよね。もちろん皮は剥かずに食べましょう。購入の際は、なるべくワックスの気にならないりんごを選び、洗ってから食べれば安心ですね。