一手間で長持ち!覚えておいて損がないりんご4971の保存方法

りんごの保存方法で大切な事は、水分を逃さないという事です。
りんごにはとても多くの水分が含まれており、水分がしっかりとある間は美味しく食べる事ができますが、水分が減ってしまうと美味しさが損なわれてしまいます。りんごの内側の水分を守る為には、乾燥が少ない場所に置いておく事が有効で、冷蔵庫であれば野菜室がおすすめです。
冷蔵室に比べて、野菜室というのは湿度が高めに設定されている為、りんごの乾燥を防ぐ事ができます。
更に、長期間の保存をするのであれば、りんごをポリ袋に入れておく事が有効です。ポリ袋の中であれば、りんごはより乾燥しにくい状態となります。
ポリ袋に入れて保存する場合も、温度管理が大切です。冬場であれば、日が当たらない場所に保存をしておく事も有効ですが、より温度を安定させたいのであれば、野菜室がおすすめです。
りんごをポリ袋に入れて保存をする場合、数週間から1ヶ月程度、良い状態を保てる事になります。ポリ袋を使ったりんごの保存方法は、通常よりも鮮度を保ちやすくなりますが、保存期間が長くなれば、徐々に鮮度は落ちていく事になります。
ですから、長持ちする保存方法を行った場合でも、早めに食べる事を心がけておく方が良いでしょう。